低金利でおすすめの教育ローンの探し方

教育ローンを知っていますか?教育ローンとはローンの使途を教育関係の費用に限定したローンになります。

学生の保護者が学費や入学金の支払いのためにローンを組むという方が多いです。

義務教育以上の学費はもちろんのこと、私立の学校であっても利用対象となります。

教育ローンの融資を実施している金融機関は銀行やノンバンクです。

注意点は融資先によっては、保育園の費用や習い事には教育ローンが適用されない事があります。

教育ローンでいくらまで借りられるかということについて解説します。

最初に答えを言うと、金融機関によって融資額も様々です。

国で融資してくれる教育ローンは最高350万円です。

民間で運営している銀行では300万円から1000万円程度です。

進学先が医学部や獣医学部などといった医療系の学部であれば、最大3000万円まで融資可能という銀行もあります。

一方、信販会社の中には学校と提携して教育ローンを提供していることもあり、提携校によって融資額が変わりますので、学校と提携しているローンが1番お得だとは限りません。

教育ローンの金利を説明します。

教育ローンの金利は借入する金融機関によって大幅に差があります。

低金利なところだと1%台だったりするのですが、高金利の金融機関では10%近いものもあります。

銀行の教育ローンの場合は口座やカードを作ることで優遇金利を受けられる場合があります。

金利の計算方法は2つの方法があって固定金利と変動金利の2種類に分かれます。

近頃は低金利の時代ですので固定金利の方がリスクが少ないでしょう。

教育ローンという入学金などを有してくれるローンを提供している金融機関は銀行や信販会社など多くあります。

その中で特におすすめなのは教育一般貸付いわゆる国の教育ローンです。

銀行などと比較すると最高融資額は350万円と少なめですが、年利1.76%で安心の固定金利なので利息が大幅に膨らむ心配はありません。

大学や高校だけでなく専門学校や予備校などにも認められています。

使い途も入学金や授業料のみならず教材費はもちろんのこと定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

教育ローンといえどもローン契約に変わりないので融資を受けるには審査を通過する必要があります。

審査を受けるにあたって、いくつか用意しておくものがあり、本契約までには全部揃える必要があります。

借入申込書はネット申込みの場合は不要ですが源泉徴収票や確定申告書などの収入を証明する書類は必須です。

ほかに、運転免許書やマイナンバーカードなど本人確認できる書類や公共料金の領収書なども必要です。

何より一番肝心な書類は在学が確認できる書類や合格が確認できる通知、入学許可書です。

大手・地方問わず銀行の教育ローンは通常、低金利な商品が多いのが一般的です。

ノンバンクの教育ローンと比べて融資金額も大きくローンの返済期間も長期間になりますので、月々の返済も余裕を持てます。

近頃はネットバンクも普及しているのでWeb上で手続きをするだけで完結できる銀行が多くなり利便性もとても向上しています。

銀行口座を持っていなくても申し込み可能なローンもありますが口座があると優遇金利を受けられる銀行が多いです。

給与振込や住宅ローン利用でも金利が優遇される銀行もあります。

低金利な教育ローンと言えば教育一般貸付(国の教育ローン)です。

年1.76%(固定金利)で銀行やノンバンクと比べてかなりお得になっています。

通常銀行で3から5%、信販系で5から10%になるので国のローンがいかに低金利かがわかりますね。

学費以外に受験時の交通費や宿泊費、パソコン購入費など教育資金であれば使途の範囲はかなり広く認められています。

しかし、こちらのローンは低所得者でも学びたい気持ちをサポートするというものになりますので、融資の対象となるのは高校や大学を目指す中学校卒業以上の子供になります。

高校生の学費といっても私立なら年間70万円以上もかかります。

学費が払えないということになったらどうなってしまうのか?最悪の場合、除籍や退学という事にもなりかねません。

高校は教育機関なのですぐに除籍になることはありませんが3か月以上滞納してしまうと、除籍や退学になる可能性が上がります。

払えないときの解決方法はもう借金しかありませんが借入先は慎重に選ぶことが大切です。

国の教育ローン(教育一般貸付)であれば世帯年収が低い方のための教育ローンですので安心して借りることができます。

アルバイトの方でも収入があれば教育ローンを利用することは可能です。

但し、ローンが組める人は20歳以上の成人になっていないと借してもらうことはできません。

また、一般的にローン契約には安定した収入が必要という条件が設定されていることが多いため勤続年数は最低でも2年以上必要と言われています。

返済能力もローンを組む上で重要なポイントになりますので最低でも200万円以上の収入が必要になります。

いずれにせよ、借主が学生自身というのは珍しいことなので奨学金を申請した方が近道だと思います。

埼玉りそなの教育ローンをご存知ですか?埼玉りそなの教育ローンは「りそな教育ローン」という名前で提供されています。

変動金利になっているので毎年4月1日と10月1日に金利が更新されます。

2017年12月25日現在(変動金利)の金利は2.20%ですが埼玉りそな銀行で住宅ローンを利用している人であれば、割引金利1.80%が適用されます。

最低10万から最大500万円まで借り入れることができ返済期間は1年単位で最長14年まで可能です。

最長4年6ヵ月は利息のみの返済も可能で、入学金を払ってしまった後でも3ヶ月以内に申し込めば借入れ可能です。

カードローン型と呼ばれる教育ローンについてご紹介します。

普通のカードローンと同じで限度額の範囲内だったら自由に借り入れや返済を繰り返すことができるローンです。

普通のカードローンと何が違うかというと融資の使途が教育資金に限定されます。

信販会社や消費者金融に多い商品なのですがカードローン型を提供している銀行もあります。

学費がわかりやすい初年度は一括借入れ型で詳細が未定な2年目以降はカードローン型が利用できる金融機関もあります。

教育ローンの申し込み方を紹介します。

申し込み方法には郵送で送る方法やインターネットを利用した申し込み方法などがあります。

郵送の場合は事前に電話などで申込書を請求します。

その後書類が届き次第必要事項を記入し、返送してください。

インターネット申し込みを利用する場合は事前診断コーナーが設けられていますので数秒で借り入れ可能か診断することができます。

仮審査の申し込みもWeb上で行うことができますし24時間いつでも受付けているところも非常に便利です。

仮審査を申し込む手続きが終わりましたら受付けた旨のメールが届くはずですので忘れずに確認しましょう。

学生本人が自ら教育ローンを借りるということは基本的にはできないと思われます。

学費目的と言ってもお金を借りることに変わりはありませんので借主は貸付契約がきちんと行える人物である必要があります。

そのためには借入者が成人であることや安定した収入があることは必須条件となります。

更に現在勤めている職場を退職する予定がないことや家賃や光熱費などすべて自分の稼ぎで支払えていることも重要になります。

そのため、国の教育ローンよりも銀行などで扱っている教育ローンのほうが融資の望みは高いでしょう。

教育ローンの返済方法をお知らせします。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から支払が始まります。

利息は通常、借りた日の翌日から発生することになりますが、埼玉りそな銀行などは在学中は利息のみでOKとしています。

返済期間についても最長20年まで借り入れすることができるというものもあります。

ですが、返済期間が長引くほど返済金額はどんどん大きくなりますので注意しなければいけません。

教育ローンと言っても借金に変わりないので返済シミュレーションで事前に返済状況を確認することをお勧めします。

ろうきんは会員が出資し会員同士助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社のような営利目的ではないので2から3%台の低めの金利が特徴的です。

融資限度額は1000万円から2000万円と、教育ローンとしては結構高額で返済期間は15から20年と長期にわたるのが特徴です。

一般の人でもローンを組むことはできますがろうきんの会員であれば優遇金利が適用されるケースが多いです。

ろうきんの特色として地方の労金の場合は入学金や学費以外に仕送り代なども認められている点が面白いですね。

引用:教育ローン審査が甘い銀行は?落ちたらどうする?【学費を借りたい】